特殊清掃ファイター

世の中にはいろいろな仕事がありますが、その中に特殊清掃という仕事があります。これはどんな仕事かを紹介します。

特殊清掃とは?

特殊清掃というのは清掃業の一種ですが、扱う対象が特殊です。

扱うのは人の遺体が置かれていた現場で、現場清掃、消毒や消臭など死痕を残さないように特殊な清掃をする仕事です。
>>特殊清掃は安心できる業者へ⇒http://www.clean-next.jp/

掃除というと少し語弊があるかもしれませんが、遺体は必ずしも綺麗な状態で横たわっているとは限りません。

自然死もありますが、孤独死や孤立死の場合は死亡してからすぐに発見されるとは限らないので、想像を絶するような悲惨な状態になっている場合も多いといいます。

自殺や事故死、事件死などすべての現場を扱うので、仕事内容もかなり特殊な知識が必要になるので、誰にでもできる仕事ではありません。

室内に長期間遺体が放置されているような場合、遺体は腐敗が進みますし、体液なども排出されてきます。

清掃時には遺体の回収は済んでいますので、遺体を目にする事はありません。
しかし、当然のようにかなりの異臭がしますし、状況が悪いほど清掃も困難な状態となります。

感染症で亡くなった人の場合は、感染症予防の消毒なども必要になります。

遺族でさえあまりの悲惨な状態と悪臭で、部屋に入れない事があります。

こういう場合も特殊清掃チームが現場を掃除して、臭いや死痕を清掃した後に、遺品整理なども行う事があります。

まさに職業名の通り特殊な清掃を行いますので、気持ちの面でも覚悟が必要になります。

特殊な仕事ですが、裏バイトとも呼ばれるようにバイトを募集する事があります。

日給のいい仕事でも、内容はかなりハードになるので気軽にというわけにはいかないでしょう。